2、面ピタ君(位置決め冶具)

カウンタープレート利用で紙粉と罫線トラブルから脱却  (株)カウンタープレートジャパン

 1mmステンレス板はDP2など硬質材で有ってもレーザカットは簡単に可能だ!

 スチールカウンターの溝切削は非常に時間が掛り!且つベニヤ伸縮などで非常に罫線精度が追いつかない!!

 このコンビはカウンタースチールカウンターの長所を生かしながらコストと品質を両立したカッティングカウンターと成る。

 なぜなら!多少の罫線ズレをステンレス内側でガラエポカウンターが微妙にズレる寸法設定が可能だから!!
 
 打抜時の引っ張りでビビリに有効で非常にキレイな抜き上がりが可能と成り欧米では一般化しているスチールカウンターを仕掛ける足掛かりに成ると考える。
 
 又、スチールカウンターを面ピタ君で合わせるので小さなケースでも簡単にセット出来る。
015.JPG
013.JPGのサムネール画像
014.JPGのサムネール画像

 

  昨日のNSK東京ショールーム様営業の方から実は嬉しいお話が有りました。

 先日のドルッパーで展示していた中でDr.Pachtでのリバースに関心を持たれたオーストリヤのメーカーから「コノレベルでのリバースを可能にしたい」とのオファーが有りサンプルを早急に用意して欲しいとのお話が・・・・

 私たちは「面ピタ君」での都度転写でしか有り得ないシャープなリバースの有効性は理解している。

 其れを実現したいメーカーでの採用を待っています。

 日本の大手印刷紙器様でのオファーは、ほぼ「シャープなリバース」でのお話と成っている現在は世界でも其の必要性を感じて頂けるメーカーが有る事です。20110610ribasu.jpg

   当社が推し進めるショートメイクレディすなわち段取り時間短縮には現在はカウンタープレート使用と更にムラ取りが有る訳だが・・・

 打抜機のバランスムラは現在開発中のプレスバランスシートで取る事で圧倒的に通常ムラ取り時間が短縮される訳だが・・・

 本来の抜型ムラは刃材高さのバラツキとレーザカット垂直度と曲げ部分の刃先逃げに拠るムラが存在する。

 もっとも厄介なのは曲げ部分のムラだ!!

 ピン角で曲げると高さ0.05mm位は刃先が外側に逃げる事で低く成る。

 これを切れるには曲げ箇所からの直線部の刃先を潰さないと切れない訳だが・・・当然この行為はムラ作りにも成っている訳で新型のムラ取りに時間が掛かるのはこの為で有る。

 今回のエルセード社製コイルメイト導入の訳は段ボールを含むすべての抜型にブローチ加工を施す事を目標に取り組んでいる。

 当社の面ピタ君システムでのカウンタープレート利用とムラ取り対策取り組みは現状では日本初の取り組みで私が考える日本の打抜き技術の底上げには大きく影響を与える事と成るだろう。
magekakuha.jpg
明らかに曲げ部分刃先が外側に倒れている事のが見て取れる。

ロータリーダイカッターのハードカットでのセット風景です。
初めての弱粘着CPでのテストです。
今迄は強粘着の対応でしたから初のチャレンジです。
2mを超える長尺物で4分割しましたがストレス無く脱着出来ました。
形状が簡単な物でしたが今後への十分な手応えでした。
長さ: ‎0:55
  •  面ピタ君は今迄のピン方式やガイド方式に比べて圧倒的な時間短縮(-50%)と位置決め精度を実現致します。
     
     ·  ·  · 数秒前 · 
  •  
     意外とおろそかに成っているベニヤの穴径は面ピタ君メス内径精度を高める為に繊細なレーザーカットをお願いします。
     ベニヤに面ピタ君メスを入れた時に0.1mm内径が絞まります
     この事が出来てないと0.06mm以内の精度は追及できません
     ベニヤ穴サンプルは用意してますのでお声を変えて頂ければお送りします。
     
     ·  ·  · 2分前 · 
  •  
    面ピタ君のマークの大きさはガイドとの篏合が甘いと精度が出ません。
    現在は黒いポロンと言う素材を使っています。この部材は経時変化が無いです。が、スプレー糊を使うと縮小します!両面テープも外周の接着不良で精度不良につながります。5回~6回で使い捨てして新しい物をお使い下さい。
     
     ·  ·  · 7分前 · 
  •  
    面ピタ君のカウンタープレート穴精度は+交差は不可です! カットツールの深さで穴径が大きく成ります!ご注意を・・・
     
     ·  ·  · 12分前 · 

 明日から兵庫周り広島に入り土曜日は「CPJダイカッティングセミナーin広島」開催致します。

 現在は紙器セミナー20名位段ボールセミナー20名位の参加を把握させて頂いております。参加の皆様!よろしく願います。

 「(仮称)カウンタープレート研究会」発足後状況ですが・・・現在岡山セミナーでの3名の参加を頂いておりますが・・・スミマセンまだ何の連絡していません<=>_<=>

 来週初めに過去のCPJセミナーに参加頂いた企業様に「カウンタープレート研究会の御案内」の送付させて頂き加入通知を頂き30社に達し次第にメール配信とさせて頂きます=^_^=ノ

  姫路の抜型メーカーさん(株)黒岩様が今回のCPJダイカッティングセミナーへの唯一の抜型メーカー様でした・・・全ての抜型メーカー様への声掛けでしたが大変に残念です。

 今回の姫路のセミナーでは(株)黒岩様のユーザー様が多く有名関西圏印刷紙器メーカー様多数の参加を頂いておりました。

 ㈱黒岩様の吉田君は面ピタ君取り組みが面ピタ君初期の頃から真剣で現在ではユーザー様からも圧倒的なカウンタープレートでの信頼性を築いておられます。

 参加ユーザー様からも圧倒的な位置精度信頼性をお聞き出来ました。・・・が吉田君は「関西での面ピタ君位置不良説が多いのは不思議だ」・・・・=>_<=

 私達も関西は今迄ほぼ営業活動をしてはおらず放置してたので「面ピタ君位置不良説」が有るなんて初めて聞きました。

 現在私達が推し進めてる「リバース」や「クッキリエンボス」は0.1mm精度不良がOUTに成るんでこの事はピン立てやガイド方式では位置決めが不可能で0.06交差で収まる面ピタ君以外では不可能です。

 私達は面ピタ君が正式に「0.06mm交差で収まる宣言」をしたのはズレる要素が打抜機精度やCP製作機精度や面ピタ君メスベニヤ穴精度やCP面ピタ君ガイド用穴精度を徹底的に高める事で確実な転写を可能とさせて居ります。

 月一回のCP製作機での製作物の精度チェックでCP製作機の交差が0.0?をを完全把握して一日数回のCP面ピタ君ガイド用穴の交差をチェックしています。

 (株)黒岩様でも当社の穴仕上げ(テーパーツール加工後のカットツール)よりも黒岩方式(テーパーツール加工後のストレート溝切ツールでの穴加工)の方が信頼性も全数寸法チェックも楽だとの方法を取っております。

 「面ピタ君」ユーザーさんから貼り替え手間が全く無く予備は0枚、ピン立ての平均ー20分のCPセット時間の絶対的信頼に対する手間はピン仕様穴やガイド用穴のCP製作時間が面ピタ君仕様穴のCP製作時間の50%~80%長時間に成る事だけでも十分メリットが有ります。
 20111009menban.jpg

  DSC00269.JPG  

「マークは使い捨て下さい」は建前で3回5回位は使って下さい!って説明してるのが・・・・ずっとそのまま両面テープスプレーのり等で使い続けると底麺が盛り上がりマーク周囲が接着できずにガイドで固定しても0.数ミリの誤差が出て位置不良と成っている現場を数回みました。=>_<=::

 

DSC00245.JPG

注意(現在はマークは黒色です!

数回の使用は説着面が弱く成ったら使い捨てとして下さい。

そのままの御使用は精度不良と成ります。

 

        エンボスの立ち合いです。・・・・ビクでセット2分で完了❣昨日は2時間以上の調整を必要とされたとお話しでしたが・・・ボケたエンボスでの仕上がりでした。

20110909enbosu1.jpg

35mm×25mm位ですが細部の線もしっかりと表現出来ています。この繊細なエンボスには正確な位置決めが必要でこの事は1mmステンレス置き面板での使用はありえません。0.1mmのズレで罫線はOKでもエンボスは紙を裂いて版が壊れてしまいます。

20110909enbosu2.jpg

カウンタープレート上に施して有りますから面ピタ君の正確な位置決めがズレの無い位置決めを可能とします。

20110909enbosu3.jpg

今回は非常に繊細なデザインだったのでオスメス共に金属版を使いました。

20110909enbosu4.jpg

ビクでの面ピタ君での位置決めはマーク転写時にクラッチを入れた状態での転写で無いとズレが起きますから注意を!

 私達は現在、片山抜型製作所様を始め吉田製作所様、TDS様、エムケス様と接点は持っています。

 御相談等ございましたらお気軽にお声掛け頂けたら私達の方から各社様への御声掛けの対応はさせて頂きます=^_^=ノノノ

フェイスブックページのカウンタープレートジャパンもご覧ください。

ユニークな商品開発、メイク・ア・ボックスで試作中
メイク・ア・ボックスで試作中

当社社員もいろんな取り組みをしています。
ダンボールや紙器の業界をもっと元気にしたい浅井和明の挑戦はダイレンジャーブログで書き綴ります!
浅井和明
株式会社メイク・ア・ボックスは【makeabox.co.jp】です。
株式会社カウンタープレートジャパンは【cp-j.net】です。

アーカイブ

ウェブページ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち2、面ピタ君(位置決め冶具)カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは1、フイルム面版です。

次のカテゴリは3、パーフェクトクリーズです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

produced
抜型の問題解決!メイク・ア・ボックス
株式会社メイク・ア・ボックス

面切作業の技術革新!

面ピタ君とCAD面版ならcadmen.jp
面ピタ君とCAD面版ならcadmen.jp

count