« メイク・ア・ボックス○業務案内 | メイン | ダンボール抜打ちにおける紙粉・ヒゲと罫割れの対応策 »

ダンボールや紙器関連の部材販売 > 会社案内/メイク・ア・ボックスとは

メイク・ア・ボックス○会社案内

2007年4月14日

会社案内
理  念
私達、(株)MAKE A B0X! は紙器・段ボールメーカーの発展の為に、良きパートナーとして誠心誠意、真心のこもったサービスを提供し続けます。
企業の海外生産シフトなどで厳しいパッケージ業界の中で私達が出来る事、それが何であるか真剣に考える事から始めました。
抜型製造を通じての業界への貢献姿勢は現状のままですが、更なるサポート体制を整えて行きたいと思います。
セミナー開催なども、そのひとつの方法と位置付けしています。

会社概要
■企業名 株式会社メイク・ア・ボックス
■本社住所金沢市東力二丁目七十九番地
本社電話番号076-291-0035
■静岡営業所静岡県静岡市駿河区高松1丁目12-35
静岡営業所TEL054-236-0888
■関東営業所住所埼玉県春日部市梅田三丁目131
関東営業所TEL048-760-2633
■事業内容抜型製造・関連部材販売・技術開発・コンサルタント
■資本金18,000,000円
■取引銀行ジャパンネット銀行・富山第一銀行・金沢信用金庫
■代表者浅井 和明
■従業員37名(男14名・女23名パート含)
■営業時間8:30~18:00 土・日・祝祭日定休
■会社役員取締役会長     浅井 広子
代表取締役社長   浅井 和明
常務取締役     中出 文夫
取締役       浅井 奈緒美
監査役       沖野 明良

沿  革
昭和38年初代社長浅井明夫が金沢市入江二丁目において、トムソン加工業務を主とした「入江トムソン加工」を個人創業する。
昭和45年金沢市東力二丁目に工場新築移転。
昭和57年金沢市示野町に第二工場増設。段ボール加工専門に営業開始
昭和62年抜加工より抜型製造へ少しずつ移行。
平成 1年抜型製造「明和レーザー抜型」を設立。
平成 2年シブヤ製480レーザー加工機・キュワット製CAD2台導入。
平成 3年資本金500万円で「株式会社明和抜型」を設立して、抜型製造専門に営業開始。
平成 3年東京ディックス製ベクトルスキャナー・塚谷刃物製自動刃曲
加工機BBS101・グラフィティク製1200×1800プロッター導入
平成 7年金沢市東力二丁目に工場増設。拠点を1ヶ所とする。
資本金800万円を増資して、1,300万円とする。
BBS202及びC-BOY導入
平成 8年日本製図器製1200×1800サンプルカッター及びCADSUPER5台導入。
平成 9年シブヤ工業製900Wレーザー加工機導入。
平成 10年日本製図器のARTIOSCADを導入
平成 11年石川県中小企業創造活動促進法の認定を受ける。
平成 12年丸松・三川のプラトンのバイブレーション対応の抜型製造技術の確立
平成 13年東関東営業所の設立
上田紙工機のユニプラテンのベルト巻込み式カストリ対応の抜型製造技術の確立
平成 14年資本金500万円増資して、1,800万円とする。
社名を「株式会社 メイク・ア・ボックス」と変更して、コンサルタント業務開始する。
平成 15年金沢市IT大賞奨励賞を受賞
平成 16年静岡営業所開設
石川県新商品販売開拓補助金の公募に選出される。
平成 17年本社の増築してスペースを倍増させる。
ダイレンジャーの受注をはじめる 。

投稿者 メイク・ア・ボックス : メイク・ア・ボックス○会社案内