セミナー開催決定 「打抜機セット時間の激減方法」(プレバランス理論でムラ取り時間ゼロへの挑戦)9月12日(木) 13:30開会 16:30閉会大阪産業創造館ホール研修室AB 9月5日(木) 13:30開会 16:30閉会大阪ソニック市民ホール研修室401・402

 打抜機での稼働効率の妨げに成っているの
が新版時のムラ取りと溝切作業と落丁です。

 特にムラ取り作業は打抜機本体で調整をしながらのムラ取りテープを貼りながらの作業です。
 私は皆さんの現場でムラ取り作業を見せて頂き非常に疑問が涌きました。抜型メーカーで有るメイク・ア・ボックスでの抜型精度が此処まで悪いの刃物は非常に高さムラ管理を刃材メーカーさんはしておいでです。
 当社の加工機械レベルでこれほど大量に時間を掛けてムラ取りが必要なのか?

 実は皆さんの行っている作業は打抜機のバランスムラを抜型1枚1枚に施していらっしゃるのです。
 この打抜機バランスムラが現在のムラ取り作業の80%を占めるとしたら・・・・バランスをゼロにする事で80%の削減が可能なのです。
 私達は現在!更にゼロにする取組をしています。是非!世界初の取り組みを知って頂き取り敢えずは80%削減出来る事を理解して下さい。

 合わせて溝切作業と落丁システムの御紹介をさせて頂きます。
参加費三千円で事前振込に成ります。追って申込用紙添付致します。

詳しくは・・・
浅井和明
https://www.facebook.com/asaikazuaki2
セミナーhttps://www.facebook.com/cpjdiecutseminar

CPJhttps://www.facebook.com/counterplatejp