本日!大瀧紙器印刷様でプレバランスシートの前回制作分でテストをさせて頂きました。

 前回の打抜機で制作のプレバランスシートを落ち込み新抜型でのムラ取り実証です!
 
  下記前回制作したプレバランスシートは20ミクロンOPフイルム5枚の複層シートプラス210g台紙です!!

 0枚表示はクワエ側で一枚も刃跡も付かず切れていないエリアで抜圧が低いです。

 4枚表示はフイルムに切れた跡は有るのですが台紙との剥離が無理で一枚残りました。

 依って0枚との厚み差は80ミクロンで0.08mm厚です。

 これでも40ミクロンムラ取りテープ2枚分が補正出来ている事が理解出来ます。

 その下写真は今回テストの新抜型ですが通常はクワエ側が全然切れないのですが今回プレバランスシートをムラ取り台紙の上に入れて抜いた所が!!!!一部クワエ側も切れる事が出来てムラ取りテープが半分に成り時間も半分以下に!!!

 本来は20ミクロン10層を複層すれば1/3以下にする事が十二分に理解出来る内容と成りました。

 ・・・が課題も!!!出願項目のプラスの為に描く事はできませんが!!!!=^_^;;;=ノ

 この技術は精密プレス分野で非常に有効と間違いなく成ります!!

 OPPフイルムは非常に柔らかい為に継続利用はどれだけか?判りませんが「シャリシャリ」の金属音がするPPSフイルム硬度は私は一年以上の耐久性を確信しています!!
 

007.JPG008.JPG