違う方向に書き込んでしまった!!

 当社のコイルメイトでの戦略は・???

 基本的には全ての抜型でブローチング利用!!で2つの方向性・・・

①曲げを全てコイルメイトで仕上げる。もちろん追い曲げは必要だが・・・・

②ストレートのままベンドマークでの全て後曲げ!!!

 この二本柱でイキマス!!

 ベンドマークにての曲げ技術を徹底的に戦略化してシステムとして抜型メーカー様にもシステムとして売り込んでいきます。

 其れで各々の抜型メーカーさんが使える道具として同じエルセード導入を推し進めれば良し!!それで日本の自動曲機がレベルアップされるも良し!!それ以上に開発される事はもっと良し!!

 日本製図器さんにもこの話はしています!

 とにかくメイク・ア・ボックス社がコイルメイトで抜型メーカーさんへの供給を推し進めれば間違いなくエルセードコイルメイトはもっと売れる!!

 日本のメーカーが追いつくまで最低2年掛る!!そう動かすには2年!!今後4年でNSKが日本市場で独占的に台数を裁けばいいのだ!!でも後は知りませんが!!そこはNSKさんですからウチよりよっぽどしっかりとしてますから!!!=^_^;;=ノ

 私はマーバッハでの抜型製造ライン、いわゆるタバコケースなど100%の完成度を目指す抜型の供給には手を出しません。

 日本のTOP抜型メーカーさん頑張ってください!!!本当に!!!

 私が仕掛けるのは現在の50%~60%前後の完成度の抜型を全て80%以上に引き上げる事だ!!
 
 その事で抜型メーカー数は激減すると思う!!それでいいのだ!!

 初めはメイク・ア・ボックス社が仕掛け生き残るべき抜型メーカーさんの目を世界市場に向けさせ共に生き残る!!・・・・・これが正直な戦略です。

 企業規模が!たら社員数たら!へったくそたらじゃなく理屈抜きに技術向上を目指し共に生き残っていこうという抜型メーカーで抜型業界の再編ありきでとにかく世界を目指す!!!