カウンタープレート利用で紙粉と罫線トラブルから脱却  (株)カウンタープレートジャパン
 ドルッパーでハイデル機やボブスト機が下ピン無の8000回転~9000回転でストリッパーの完全落丁が可能と成っていた。

 エルセードマシンが一台の「COUNTER PRO MAX」でクラウンピンでの下ピン無の完全落丁型製造機だ!
 時代はもう完全にシフトしているのを日本の市場は知らな過ぎ!!
 モイラーシステムが過去日本で普及せずに終わった原因も自身がして理解出来た。

 今後は出来ない部分のコンサルタントをしながら普及を推し進める。

 もう本当に煩わしい下ピンセットと高価な補助具は要らないと理解を推し進めれたドイツ訪問と成った。

077elced20120513.jpg