硬いカッティングプレートや焼入ステンレスではメタルカウンターの溝加工は大変な時間が掛かりコストUPに成ります。

 簡易に加工しようとする柔らかいステンレスに成りますが・・・

 レーザーカットは簡単に短時間に加工可能です。

 私はメタルカウンターの打抜き加工時優位性は理解していますが柔らかいステンレスでメタルカウンターを制作するくらいならDP2をレーザーカットして溝部分を硬質樹脂加工品を挿入する事を提唱します。

 樹脂部分カッティングプレート部分も「面ピタ君」にての位置決めをします。
kanimetal.jpg