「CPJダイカッティングセミナーin千葉」の御報告です。

◯参加者・・・印刷紙器32名・段ボール15名

◯評価 ・ボリュウムA2、B8、C12 ・理解A8、B15、C5 ・役立度A10、B15、C3(A良い、B普通、C悪い)

◯今後への期待・・・グルアートラブル改善、カウンタープレート・メタルダイ、カウンタープレート・ゴムの使い方、CPに関する内容、CPに関する事、抜型に関する事、機械屋さんの講師もぜひお願いして欲しい(違った視点が得られる為)、ビビリについて教えて下さい。、業種別(型屋・抜屋・メーカー)に分けての講習の方が良いと思う。、段目によっての「貼り合わせのかぶり・開き・V字・ハの字」に対して、打抜技術について、打抜オペレーター向けのセミナー

◯感想・・・本当に有意義な時間になりました。ありがとうございました。研究会に興味があります。、実践のセット等を期待します。、とても参考になった。、打抜きに関して、とても勉強になりました。、今日は1日、勉強になりました。、慌しくて、聞きにくかった。ホワイトボードの図が解りずらい。、設計に関してのセミナーを開催してほしい。、聞き取り易かった。、パワポ資料と説明がちぐはぐしたところがあった。

◯私総評・・・段ボール一貫メーカー様の申し込みが全く無かった。値上げ中と何か関係あるのか??ボリュウム評価Aは理解をされていないケースが多い。逆にボリュウム評価Cは理解が出来て「もっと!」と言う意志の表れだと理解出来ました。前向きの方々にはボリュウムはどれだけ有ってもボリュウムA評価は難しい=^_^=::逆に理解も何にもしてない方は寝てる方・・・