姫路の抜型メーカーさん(株)黒岩様が今回のCPJダイカッティングセミナーへの唯一の抜型メーカー様でした・・・全ての抜型メーカー様への声掛けでしたが大変に残念です。

 今回の姫路のセミナーでは(株)黒岩様のユーザー様が多く有名関西圏印刷紙器メーカー様多数の参加を頂いておりました。

 ㈱黒岩様の吉田君は面ピタ君取り組みが面ピタ君初期の頃から真剣で現在ではユーザー様からも圧倒的なカウンタープレートでの信頼性を築いておられます。

 参加ユーザー様からも圧倒的な位置精度信頼性をお聞き出来ました。・・・が吉田君は「関西での面ピタ君位置不良説が多いのは不思議だ」・・・・=>_<=

 私達も関西は今迄ほぼ営業活動をしてはおらず放置してたので「面ピタ君位置不良説」が有るなんて初めて聞きました。

 現在私達が推し進めてる「リバース」や「クッキリエンボス」は0.1mm精度不良がOUTに成るんでこの事はピン立てやガイド方式では位置決めが不可能で0.06交差で収まる面ピタ君以外では不可能です。

 私達は面ピタ君が正式に「0.06mm交差で収まる宣言」をしたのはズレる要素が打抜機精度やCP製作機精度や面ピタ君メスベニヤ穴精度やCP面ピタ君ガイド用穴精度を徹底的に高める事で確実な転写を可能とさせて居ります。

 月一回のCP製作機での製作物の精度チェックでCP製作機の交差が0.0?をを完全把握して一日数回のCP面ピタ君ガイド用穴の交差をチェックしています。

 (株)黒岩様でも当社の穴仕上げ(テーパーツール加工後のカットツール)よりも黒岩方式(テーパーツール加工後のストレート溝切ツールでの穴加工)の方が信頼性も全数寸法チェックも楽だとの方法を取っております。

 「面ピタ君」ユーザーさんから貼り替え手間が全く無く予備は0枚、ピン立ての平均ー20分のCPセット時間の絶対的信頼に対する手間はピン仕様穴やガイド用穴のCP製作時間が面ピタ君仕様穴のCP製作時間の50%~80%長時間に成る事だけでも十分メリットが有ります。
 20111009menban.jpg