現在推し進めている溝部分への刃先通過切断の可能性は非常に高いと考えている。

 刃先に全く打抜き材の通過のみで切断には抜型と溝部分を形成した受け皿(カウンタープレート)との位置合わせは面ピタ君が最適に成る。

 刃先硬度や角度と最適な溝幅を形成する事で今迄にはあり得なかった打抜き回数を達成出来ると考えている。

20110428mizosetudan.jpg