通常罫線と逆罫線での折れ精度チェックテスト・・・板紙編

100mm×20mmのコートボール紙片の真ん中に逆罫と通常罫線を入れたテストを致しました。

 下2つの写真は通常罫線での逆折れでズレる意味が写真で理解出来ます。罫線中央の左右がぶつかる事で左右対称に山が潰れない事で精度が悪い。

20110228kei.jpg

20110228kei2.jpg

 下2枚の写真は逆罫線での逆折れです。正確に2つ折れが出来ます。

20110228riv.jpg

20110228riv2.jpg

 先日の大宮セミナーで実演したのですが・・・一組の方々が折れ方向を逆に曲げてしまった為に失敗でした。

 他の2組のテスト依頼して頂いた1社から直ぐに逆罫線仕様のカウンタープレートの相談が有り、直ぐに採用されました。