◆テーマ・・・紙粉・罫線トラブルからの脱却     主催・株式会社カウンタープレートジャパン

 日時 2011年2月7日 AM11時~PM5時    場所 大宮ソニックシティー(大宮駅徒歩3分)
 近年、顧客要求の中でだんだん厳しく成っている品質。特に紙粉と罫線に対しての要求は厳しく成っています。
 
 反面、作業環境はと言うとコストが厳しく、且つ使用紙質も低下して来ています。その中で競争力を付けるには現作業の見直しが必要です。
 
 紙粉は刃先の劣化から大量に発生します。
 
 では刃先の劣化の原因は?劣化の進捗とは?
 
 今回、第一人者の長岡技術科学大学の永澤先生に講演頂ける事に成りました。
 
 永澤先生は片山抜型製作所の片山社長様の協力のもとに、刃先と紙粉の関係を長年研究されて論文発表もされていらっしゃいます。
 
 私も先日、大学に訪問させて頂き、研究室でのデーター取りの現場を拝見させて頂きました。
 
 プレス機での地道なデーター取りには私自身、非常に驚かされ頭が下がりました。
 
 今回、久々の当社セミナーでの講演を企画させて頂けた事は大変に光栄と思います。
 
 
 現在、段ボールの抜きの研究をされている事から、当社の罫線システムを元での段ボール打ち抜き理論に興味を持って頂き、段ボール打抜研究会の立ち上げの構想を模索させて頂く事に成りました。