何がスゴイカトいうと協力関係の進捗状況です。

 やはり、ダイカッティングシンポジュームから一機に進んでいます。最近は「ブログ見せて頂いてるよ」みたいな声も多く私が全国の抜型メーカーさんと協働してカウンタープレートを広めるとの思いを理解されていて直接での説明が少なくて済んでいます。

 メイク・ア・ボックスと言う抜型メーカーが有りカウンタープレートジャパンが有り、同業でも有る事から非常に気を遣いながらやってきましたが、本当に有り難いです。

 まだまだ、板紙のCP利用の域ですが逆に大手段メーカーさんとのコンタクトも取り易く成っているのでこちらは地道に進むしか無いと考えています。切り替えにはやはり時間が掛かります。

 が、反面段ボールCP利用が進めばサイズが大きいだけに消費量は計り知れないと考えています。

 今月はマタマタ来年セミナー準備が有り来月も掛かる事が予想されるので営業活動が制約されますが、今回のDSJ以上の効果を目論んで取り組みます。

 えーっと❣、現在長岡技術科学大学永澤先生に講師許諾頂いていますが他に2名予定していますので了解取りにお伺いしますし、後援を抜型メーカーさんとカウンタープレートに関わる業者さん抜き貼り機械メーカーさん、又業界組合団体さんに求めて行きますので宜しく願います。

 クドイようですが当社以外のCP販売会社さんも全て参加頂だける様に声掛けしていきます。業界でCP普及に歩調を合わせ取り組みたいと思います。