☆絶対に胴当たりを避けなければ溝底残りシロが痛み割れてしまう。罫線トルクが足らない場合はCPの厚み設定を厚くする。 

溝底残りシロを0.13以上に設定する事。出来れば0.15mm以上で罫線高さを調整して胴当たりを絶対避ける。
  ※別表有り
 
☆小さなフラップなど短い罫線(30mm以下)やC式折り返し部分逆罫線部分は0.1mm罫線を低くしてCP溝底残りシロを0.1mm厚くする事をお勧めします。20101019mishin.gif
 
 
 ☆ミシン刃やピッチの細かいリード罫の刃の高さを23.4mmを使い溝残りシロを 0.2mmに設定してギリギリ貫通させず折り曲げ時に切れる位を目指します
 

 ・バラバラにピースが分かれてしまう仕切りなども1枚のCPで仕上がります。

 

 jiltupa2.JPG

 

jiltupa1.JPG☆ジッパー付ケースも分割せずに作る事が可能です。 当社特許出願中に付き、詳細は確認願います。

 
 ☆他に逆罫線と罫線交差部分ノウハウ等当社に御問い合わせ下さい。