現在、メイク・ア・ボックスに資本出資を頂いてる方は当社役員以外で3人の出資者の方がいらっしゃいますが・・・基本的には私の良き理解者の方々です。

 今回のカウンタープレートジャパンに関しましては段ボールメーカー様に出資をお願いしたいと考えています。

 なぜか? ひとつは私自身がこの事業に自信が有り開発加速させたいからです。もうひとつは、より抜型メーカー様の御協力を頂きたい為です。

 先日の全段連様セミナーでは当社の推し進めるCAD面版利用の技術認知を頂く事が出来たと感じています。

 紙粉・ヒゲ・罫線トラブルなど段ボール打抜きに関しての問題解決を図れるこの技術を加速させる為には、まず段ボール業界様の良き理解を頂かなければ成りません。

 現在、当社はロータリーダイカッターでのCAD面版技術開発を八戸の東北容器様でテスト御願いをしています。なぜなら現状では関東圏の段ボール業者様や抜型業者様が、まだまだテスト協力頂ける状態では無いからです。

 その意味も有り何とか大手段ボールメーカー様からの出資をお願いしたいと考えています。

 無論、段ボールメーカー様での今後のテスト検証はまず先ですが・・・・結果は間違いなく出ていますし、出していきます。

 出資頂く事は簡単な事では有りませんが熱い志! を持って、時期が来たら一機に段ボールメーカー様TOPに御声掛けに出ます!!