「フリーミアム」とはフリーとプレミアムの合体造語の様です。

 WEBでのビジネスモデルでの出発だそうですが無料のサービスは世の中には一杯有り、運営の成立も良く判らないのはツィッターやフレンドスターなどが有りますが・・・

 「無料」と言うのは心に響きますよね!誰でも!なるほど!

 でも反面、裏側が判らないと警戒心も解けないのが人間で誰でもが「タダより高い物は無い」と言う言葉を知ってても・・・やはり「無料」には注意が必要?

 たまたま、本屋に目に留まった「Free: The Future of a Radical Price」(邦題:FREE <無料>からお金を生みだす新戦略)が難しそうだったので手始めに苫米地英人著「フリー経済学入門」を買いました。

 いろいろと参考にしたいと思います。