本日は朝から車にて東北道を走って仙台で一泊です。

 2週間前にメールにてボトムケースの罫線精度の問い合わせが有り始めてのBOXメーカーさんでしたが夕方にCAD面版テストの依頼を頂きました。

 当社は現在CAD面版利用テスト回数を営業目標に置いたいます。・・・私は月20軒の目標でしたが・・・1月から始めたのですが6軒にしか成りませんでした。・・・そうそうと無理だと理解して15軒と2月目標は下げましたが・・・どう考えても1人一日2軒が限界でテスト先にての都合や当社の都合で間延びしてしまいます。

 ただ、今月は先月からの間延びが私自身6軒で昨日は2軒の所が1軒と成り、しかし初訪問で一軒が決まりましたので明日からの5軒を合わすと12軒と成り今日はまだ2日ですから月の半ばでクリアーしそうです。

 ただ、立会いと同時に種まきもしないといけないので大変です。なぜならば今月の種まきが来月の結果を左右するからです。

 先週は九州にて3軒のテストと種まきしてましたから少しずつは軒数が伸びますから20軒に戻しても良いかも・・・?

 まっ!今週末の全体会議では面目が保てそう?

 一ヶ月のお試しでCAD面版テスト頂いてからの検収としていますから後追いで売上も伸びてくるでしょー(笑

 私は100%検収が可能とは思っていませんが・・・一昔前「カス取れなかったら抜型代要りません!」との説明でユニプラテンとバイブ対応の抜型の受注を取り出した時は・・・初めは50%しか代金回収が出来ませんでした。でもこの事で10年近く抜型製造の柱にしていた事を考えると失敗の積み重ねが有ったからだと思います。

 昨年から当社抜型ユーザーさんに無理やり押し込んだCAD面版でしたがCAD面版システムを取り込め無かったユーザーは10%位でした。

 そう考えるとこのCAD面版システムも返却率40%も無いと踏んでいます。

 年間最低200軒の立会いをさせて頂くと年間最低120社のCAD面版ユーザーが増える事と成ります。シメシメ(笑