牛タンに始まり牛タンで終わる。東北営業終了いたしました。

 今週火曜日の夜に金沢仙台便にて仙台駅前で牛タンきすけから始まり牛タン利休で終わりました。

 牛タンと言えば・・・有名店のきすけと利休は個人的には厚切をナナメカットされた利休の方が噛み応えが有って好きでした。

 本来は予定としたら金曜日には関西と成る予定が・・・雪の影響も有り土曜日の尼崎での無名総研も有りまたしても仙台伊丹便に乗る事と成った為に最終日が仙台と成りました。

 東北は仙台から山形での移動で1件のリピターCAD面版の依頼を頂く事から始まり、八戸にてローターリーでのテスト依頼を受け、更に青森で4社のテスト確約を頂き、盛岡で1社のテスト依頼を受けてきました。

 東北での抜型メーカーさんからの協力も頂きながらのテスト確約には本当に助かりました。

 其の中の1社で全紙器青森理事長のキツヤ紙器工業社長さんに青森でのセミナーの依頼して来ました。

 今回の東北での営業で感じたのは抜型メーカーさんとの繋がり依存度が高い良い関係を構築されているなと感じさせました。以前、抜型の営業で回った時に受注が取れなかった事に改めて既存抜型メーカーさんに脱帽です。・・・お世辞では有りません。多分雪深い中での冬場の対応が大変で、その事をこなしていらっしゃる事が信頼関係の構築に繋がっているのは改めて抜型は地場産業との認識をいたしました。

 雪の関係で軒数をこなす動きが取れなかったのは仕方が無いと思いながら今月末から来月初旬のすべての依頼分のテスト立会いには再度の東北巡航が待ってます。

 東北はレベルが高いラーメンの方は宮城県で人気の辛みそラーメンの味よしは以前に食べた山形の赤湯辛味噌ラーメン龍上海のほうが私個人的には好きです。

 仙台駅近辺では仙台っ子も頂きましたがやはり前回の東北での高レベルと感じた中華亭本竈には遠く及びませんでした。

 一番のヒット賞は弘前市のたかはし中華そば店で強烈な煮干風味は美味しかったですし、次回の東北訪問には外せません。