あけましておめでとうございます。

 このブログが開催されたのが2005年5月からで今年が2010年・・・って言う事で5年目に今年5月に入ります。

 ブログの趣旨がコロコロ変わる中で現在は一貫して私の情報発信とさせて頂いています。

 中途挫折も有りながらも・・・一貫性の無い事を過去の記事から私自身も感じています。

 ひとえに時代の変化を感じる中でメイク・ア・ボックスも私も変わりながらの15年でした。一貫性が無いと感じる中で私が変わらぬスタンスは社員に対しての考え方ではないかと思っています。

 ただ、今現在のビジョンのもち方や示し方はまだまだ社員全員には理解して戴けてないと感じます。もちろん個々の社員の能力として表現が下手上手は有りますがそれ以上に向き不向きが有ります。

 例えば受注窓口では表現の上手い下手は有っても思いが弱い強いで有っては成らないと私は感じています。

 抜型生産現場然りで「この程度なら・・・」みたいな甘えが顧客先の顔が見えない仕事だとマニュアルに頼らなければなりませんが・・・本来は社員一同が「御客様にいかに当社の抜型を使って生産性を上げ高品質のパッケージを作って頂けるか?」の思いを持って仕事に取組んで戴けたなら・・・

 現在、当社は抜型製造から関連商材販売にシフトいたしております。私自身色々な抜型メーカーに足を運び商品説明をさせて頂く中で今迄見えなかった同業者のお顔も見える様になって来ました。

 やはり其処にはパッケージメーカー以上のこだわりとか職人気質的な要素が強く今迄のj電話対応だけではいけなく、より知識が求められます。

 知識が追いつかなければ其れ相応の電話対応でのテクニックが必要と成ります。対応時間や気持ち良く商いをして頂くための構築をもう一度模索させていきます。

 「第二創業」と言う言葉が流行って皆さん多用しておりますが当社はあえてこの言葉は使わずによりフレキシブルに対応出来る社内改革を構築していきたいと考えています。

 今年も宜しくお願いいたします。