大島紙器製作所の山下君

  12分弱・・・・絶対スゴイですよ・・・・君は・・・

 いくら1丁付けと言っても新版を1人で12分弱のセットはスゴイと思いますよ!私は・・・

ooshimayamashita1.JPG

 君は几帳面だから面ピタ君マークを面盤から外してから剥離紙を貼り直してケースにキッチリと戻す時間も入れて・・・ゼロからスタートで・・・君のユニプラテンの手順を紹介したいと思います。

 ①まず給紙側に材料ダンボールの積み込み

 ②納品済み抜型を其のままセットして1枚打抜き、印刷見当と切れムラのチェック!良ければユニプラテン操作盤逆側で抜型当てのセット(次に同じ位置にセット出来る様に)

 ③抜型を取り出して抜型の裏でムラ取りして「面ピタ君」セット!(マークから外した剥離紙は束ねてケースに戻す)

 ④「面ピタ君」オスにマークを取り付け抜型にセットし、ユニプラテンに戻して転写後、面盤の引き出し!

 ⑤面盤のマークにガイドをはめて「リピターCAD面版」をリングで押し込む!

00shimayamashita4.JPG

 ⑥ガイドとマークを外す。(外したマークに先程の剥離紙を貼りケース所定位置に戻す)「リピターCAD面版」を上から撫でてウレタンバー上をダンプロンで補強する。抜型からオスを外す。

ooshimayamashita6.JPG

 ⑦一枚ダンボールを流しカストリ手前で止める。ユニプラテンばねピンのセット

 ⑧排紙迄ダンボールが出る様に打抜機を回し、カストリが出来た状態で罫線確認!

 ⑨本稼動スタート! 

ooshimayamashita11.JPG

  全くの新しい抜型で前準備時間なしで、全面面切で完全カストリでの時間だから凄いんですね!

 ここまでの作業を君1人で11分30秒です。事前に計ってる事も伝えてなく飄々と出来ちゃう君には脱帽です。

 赤文字部分が無く、時間測定をすると言えば君は簡単に10分以内のシングル段取りが出来るでしょう。

 でも君の几帳面な性格が製品にも生かされていると考えれば余分な作業とは私は考えていません。

ooshomayamashita10.JPG

 彼はユニプラテンが始めての打抜き作業で、まだ3年目の・・・ベテランさんです!

 無駄の作業が全く無い「山下君」をこれからも応援したい!

 私が彼をほめると彼は「メイクさんの抜型と面ピタ君だから・・・」と謙遜してくれます。

 ちなみに打抜き作業終了後の「リピターCAD面版」剥がし作業は・・・まだ慣れていませんから・・・

ooshimayamashita8.JPG

 私は「面ピタ君」「リピターCAD面版」ユーザー先で優れたセットをされるオペレーターさんの会社には「リピターCAD面版」を半額にしてでもすべての商品に使って頂き、他社オペレーターさんの見学箇所現場として登録をしたいと考えていますが・・・ダメ?