北海道紙器段ボール工業会セミナー後・・・

 来週末は森紙器さんでのセミナー予定が入っています。

 思ったよりもオペレーターさんの不安払拭が早かったので当社の手が離れる事と成ります。来週位からはリピターCAD面版の森紙器さん発注先の抜型メーカーさんでの製造に切り替えていく事と成ります。

 当社のビジネスモデルはリピターCAD面版の原板供給を増やす事で、決して個々のCAD面版製造では有りません。当社のリピターCAD面版製造供給はあくまでも企業さんが不安なく使って頂く為の指導を含めた定着が目的です。

 多分、再来週9日から北海道工組さんのリピターCAD面版の立会いが1週間続くと思われます。

 当分の間は当社CAD面版作製機の稼動は北海道工組さんの製造に追われる事と成るでしょう。・・・が今回森紙器さんで御世話に成った抜型メーカーさんで有る金剛さんニッテクさん向けの顧客先での新規リピターCAD面版採用に関しては各々の抜型メーカーさんでの製造供給が可能と成る事から、新規採用先を開拓していきたいと考えています。

 今回の事で抜型メーカーさんが当社の取り組みが抜型受注やCAD面版製造受注でない事を理解頂き進めていく事と成り、一層のリピターCAD面版原板の供給に繋がる事と成ります。なぜなら抜型代金プラスCAD面版売上が直接売上増に繋がるからです。

 今回、ニッテクさんもCAD面版製造機の増設をいただきの対応に成っています。

 CAD面版の反対勢力が有る中で当社の技術の浸透が進む事は本当に楽しく取組みをさせて頂いております。「弱粘着なんて使えないよ!」「面ピタ君位置精度がでない!」など色々と中傷が有る中で、着実に身を結ぶ結果を出す事は中傷者の信用を落とす事になる為、大変に面白い取り組みです。(笑

 北海道は10社位の立会いに成ると考えていますが、1週間の中で地元抜型メーカーさんがキーに成ると考えている訳ですが・・・