CAD面版変換ソフトに付いて・・・

 2日前の日からPCが行方不明と成っていました。最終日の今日やっと手元に戻りました。

 このこともフロントの女の子(私が一番苦手としていた子)とのコミュニケーションの悪さでした。でもその女の子は行方が心当たりが有ったのにも関わらず紛失場所の違いから「NOT FIND!」と言われました。

 エアポートでのシャトルバスの手配でも大変に困りましたし鬼門の女の子でした(怒

 CAD面版変換ソフトに付いて私見ですが、アルティオスが一番手が掛からない様に思います。現在新しいバージョンがCIMPACKで出ている様でそちらの方はまだ確認出来ていませんが原状ではアルティオスが一番の様です。

 CAD面版データーのCAD面版作製機に対しての互換性に関しては多少は有る様に聞いてますが、DXFの図面データーからの各々のCAD面版作製機に変換した方が宜しいかと思われます。多分多少のツール自体も若干の違いが有りますから・・・

 とにかくココで時間が掛かってしまう当社のCAD面版価格の設計費は成り立たなくなり、人件費がCAD面版価格に大幅に食い込んでしまいます。 

 それぞれ簡単な物は簡単ですが多少のアレンジなどが入るとアルティオスでも時間がかかりますから巾を価格表の中で持たせていますが私が変換業務をしてないのではっきりとしたコストでやっている訳での価格ですので・・・多少変わるかもしれませんが・・・

 其れと当社は現在CAD面版原板のタック加工を考えています。この事は大手ユーザー様からの要望により打抜き現場にての人手に拠るスプレー噴霧作業に対しての敬遠されがちの為であります。

 5月末には製品化が可能と考えております。種類はPETボードとガラエポの2種を用意いたしております。

 出来るだけリーズナブルな価格での提供を考えおりますので是非、CAD面版製作機を設備されている作製会社さんは弱粘着CAD面版はリピターCAD面版として当社実用新案登録済み技術ですので是非当社販売のリピターCAD面版原板をお買い求め頂きたいと思います。

 今後は内装段ボールメーカーさんはもちろん外装段ボールメーカーさんに対してもリピターCAD面版を推し進めて行こうと考えていますので是非、御検討の程宜しく願います。