「私作る人、僕食べる人」!?

 昔、ハウス食品か大塚食品か日清食品のテレビCMで「私作る人。僕食べる人」と言うフレーズが記憶に残っています。

 もちろん食品メーカーさんが出しているCMなので何も変哲の無いCMでしたがある事をきっかけに大きくブレイクして私の年代の方ですと多分聞いた事が有るフレーズなんですよね。不思議とこれが・・・

 その有る事が新聞やニュースを賑わした事から耳に残っているのが後から教えてもらいました。

 其のある事とは、其の時分に精力的に活動していた婦人団体が「男尊女卑だ」と噛み付いた事でした。

 今は其の時分から大きく変化して「男尊女卑」と言う言葉が無くなり「男女平等」と言う言葉に変わり、たまに会社組織での問題として「セクハラ」などと言う言葉に替わりましたが、ともすると男女の立場が入れ替わった問題としても取り上げられる様に成りました。

 私は映画が好きで昔見たマイケルダグラスとデミムーアー共演の映画「ディスクロージャ」で逆セクハラの題材にした1994年に作られた映画は其の時分は大変に衝撃的で官能的でした。

 何にせよ時代背景が早い分、衝撃的だった事を考えると私の頭はもう古いのかも・・・・・(ヘアースタイルでは無いデス)