今月の無名総研の会合は昨年に続きしし鍋の豆馬亭でした。

  3月の無名総研は昨年に私がチョンボして行かなかった岐阜県養老町の豆馬亭で開催されました。

 私が始めての豆馬亭にての「しし鍋」は八丁味噌の鍋で臭みも無く大変美味しく頂けました。

 私の自宅近くの行きつけの割烹居酒屋さんで昔は良く熊肉を出してまして良く鍋や味噌汁を食べていたので脂身の美味しさと赤身の噛み締める旨みはは同じ肉系統で、いのししはもっと臭みが有ると思っていたのですが全然気になりませんでした。

 施設は古くお風呂も良い話を聴いて無かったので入りませんでしたが、しし鍋は是非もう一度食べたいと思わせる一杯でした。

 私の方から面ピタ君の進捗状況を説明させて頂き今後の方向性を説明させて頂きました。

 今回は特に板紙のCAD面版逆罫仕様の抜きサンプルと段ボールのA/FとB/FのCAD面版での裏抜き全面面切の抜きサンプルを用意しての説明をさせて頂きCAD面版の可能性を再確認頂きました。

 今回の参加は18名でしたが段ボールでの可能性を感じて頂く事で「CAD面版=印刷紙器」の意識が段ボール抜型メーカーさんも取り払われ進めていく事への意識共有が出来た事を感じました。