リピターCAD面版と面ピタ君の実力!!!!

    先週末の全体会議を終え、会議の席で当社上井工場長から私が以前から「面ピタ君」「リピターCAD面版」テストの実施を依頼していた打抜き結果を報告を貰いました。

 「ス・スゴすぎる」・・・・絶句・・・思った以上の結果が出ました。

 以下はテスト内容です。

 ☆コートボール350gでのワンタッチ底45°斜め罫線の逆罫使用 

 0.7mm罫を1.4間隔で抜型に埋め込み逆罫を0.5巾で仕上げました。30mm位の斜め罫線が非常にシャープに入り、手で両面テープ貼りした物が全く糊代部分の重なりズレが有りません。

 これが何枚しても全くズレ無い!!!   これってスゴい事だと言う事が理解出来る人もスゴいですけど・・・・

 とにかく、この事はリード罫はもちろん通常の溝切テープだと上手くいきませんし、仮に溝切テープ(逆罫タイプ)でも多分無理では無いでしょうか?

 第一にステンレス置面盤ではこの規格では再現性が無理でしょう。「リピターCAD面版」を毎回の「面ピタ君」セットで初めて実現可能だと思われます。

 もちろん打抜機精度問題も有りますが・・・(E/F・E/F合紙の裏抜き表抜きの斜め45°罫線も逆罫にてのテストも行いました。)

itaborunanamekei.JPG

 efgoushinanamekei.JPG

 ☆B/F・A/Fの裏抜きでの「リピターCAD面版」「面ピタ君」テスト

  このテスト結果も・・・・スゴいです。

 0.8mmリピターCAD面版でワンタッチケースを抜いてみました。全く問題無しの他、溝切テープ跡が付かない事がこんなに仕上がりがキレイに成るのかと絶句しました。

 もちろん強化中芯でのテストは通常より裏ライナー割れが気になり、上井工場長はキヤタピラで割れ防止をした様ですが・・・

bfnanamekei.JPG

 長野県の青果物は非常に段ボールの全面面切が多い様です。この市場に投入出来れば面白いかも・・・・

 とにかく1600サイズの1mmステンレス置面盤は二人掛りで無いと持てない上に、非常に事故の多い作業です。

 「面ピタ君」で「リピターCAD面版」の推奨を私達はしていきます。