中国にて・・・

 先週の日曜日から昨日迄中国の昆山に行って来ました。

 昆山は上海から車で1時間ちょいの所に有り工場地帯で私の行った段ボール工場は台湾の企業さんで昆山の工場の他に蘇州の工場も見せて頂きました。

 前回は6年前に行った上海の印刷紙器やさんとは全く違った感じが受けたのは段ボール工場だったからかもしれませんが結構大雑把な気がしました。多分工場がまだ立ち上がって間もないからだと思います。

 しかし、中国で感じるのには既に大人数で大数量をこなす様な生産性の低い仕事はすべて機械に置き換わって行ってる過程だと言う事です。

 今後は生産性の低い仕事を、安い低賃金で製作しようと言う海外企業はもう無理だろうなと思います。生産性の低い作業の工場シフトは中国以外に目を向けなければ成らなくなるでしょう。

 ただ、過去の私達が日本で苦労してきた分のビジネスチャンスは一杯あると思います。特に品質と生産性にこだわって来たノウハウは今後の中国での必要性は非常に感じました。