九州に「面ピタ君」上陸しました。段ボールのリピター面版使用!

  水曜日に大阪から姫路、広島と周り金曜日に九州へ入りました。

 

 九州には面ピタ君の商談と共に、三川鉄工さんでのリピター面版のテストでした。もちろんM&Mでスクレバーに対しての評価テストです。

 私自身はアースダンボールさんで実績が有りましたので十分に可能だと自身が有ったのですが、1600タイプの最新プラトンでは初めてでしたのでスクレバーの最新の物が判らない分慎重にスプレーのり55を施しましたが終わった後も簡単に剥がせたのには担当の坂井氏も鶴崎社長もビックリされていました。

 今後は段ボールの方でも一般にCAD面版が使える様にしていく事で更に溝切テープが日本市場から排除して行く方向で取り組みたいと考えています。又、上田紙工機さんや三川鉄工さんの対ウレタンや対スクレバーに対してCAD面版が進みそうです。

 なぜならば溝切テープが外れたりのトラブルが一切無いからで第二第四罫線が必要な物は第一第四罫線も施せば一体のCAD面版として安心して使って頂く事が可能です。

 もちろん剥がしてリピター面版としての使用と考えればステンレス置面盤も要りませんし溝切テープも捨てる必要が有りません。

DSC00448mikawa.JPG