トップ給紙のトラブル回避②バキュームキャップ  19

BCW.jpg
トップ給紙の第一サッカーと第二サッカーのバキュームキャップは通常平板状の薄い円形ゴム板が採用されているが、薄い円形ゴム板は吸着時に反り返り、吸着力は中央部分のみに作用する「吸着力が弱い」。薄い紙の場合はこれでも良いが、段ボールや合紙などの厚紙や反りのあるシートの場合には、吸着力が弱く、特に第一サッカーの前へ送り出す時に、前方の障害物に少し当っただけで、シートを離してしまうトラブルが発生する。
上図の様に、吸盤に螺旋状に広がる溝を設けると、エアーが吸盤の端まで届き、吸着力を強くなり、送り出しミスを防止できる。
反ったシートには最適!!