当分の間はCAD面版普及の活動に力を注ぎます。無料講習会開きませんか?

 日本でまだまだ普及の乏しいCAD面版を認知して頂ける様に力を注ぎたいと思います。

 まだまだ「1面付けの商品でCAD面版を使うのはもったいない。」と勘違いされている方が非常に多いです。

 本日も小牧に行って来ましたが何社かの会社さんで話をしてきましたが面付けの多い物は使っても良いというレベルなんですね。もちろん提供されるCAD面版自体が高価で有ればそう考えてしまうわけで・・・

 「当社は新版にはCAD面版は無償提供です。」の話に皆さんビックリされますが本来は顧客先の生産性品質が向上出来るツールを積極的に使ってい頂く事がこれからの時代に生き残っていく紙器業者さんであれば使いづらい環境はなくしてあげないといけないと思います。CAD面版だけで飯を食ってる訳では無いのですから・・・

 関東の公正さんから始まった積極的なCAD面版使用をアイコーさんの八木社長さんが引き継ぎ、其の事を私が共感しての取組みですが、先進国で尚、溝切テープ主体で打抜き現場を主導している唯一の国の日本を変えていく位の意気込みで取り組んで行こうと思います。

 生産性と品質に圧倒的に有利なCAD面版を出来るだけ多くの人に認知して頂く為の場を提供して頂ければ何処でも講習会をやらせて頂きます。

 出来れば打抜機の有る場所で実演出来れば尚一層判り易いと思います。

 来年に向けて各企業さんや組合さん勉強会の場で講習会の働きかけをしていきたいと思います。