① 切れない!段ボール編 

①切れない!

一般的な切れないは下記の様な原因です。

◇抜型ムラ・・・刃物自体の高さムラと刃曲げ時の直角精度や刃厚み部分の逃げが有ります。

又、抜型ベニヤのレーザーカット溝に対しての刃曲げ精度の悪さから無理な刃入れをする事での刃の歪みが有ります。

◇刃材選定ミス

 ・E/Fまでは板紙と同じ考え方で宜しいので板紙編を参照下さい。なぜならば中芯のループ切断が起こらないので表ライナー、中芯、裏ライナーの3枚以上の切断が無いので常に一定の切る事しか無いからです。

 ・B/Fからはヒゲの発生でも理解出来る様に中芯のループ切断が起きているのでライナーの3枚切断と4枚切断の必要が有ります。ここからの刃材選定は板紙の0.7厚刃財では無理です。最低でも0.9厚刃材を使うべきです。

 ・1つの抜型に種類の違う刃材を使うとB/F以上のダンボールの打抜きの様に加圧気味で抜く場合刃先や母体の硬度が著しく違う場合やウエーブ刃との平行使用の場合は直刃の刃先の耐久性がウェーブ刃の刃先より、弱い為に加圧気味での打抜きが必要な材質構成が硬い場合は避ける。

 

 ・材質構成が硬いダンボール・・・しのぎ刃やパワーブレードが良いです。普通刃でも1.07以上の刃をお勧めします。

 ◇刃の倒れ・・・刃の倒れの原因はいろいろ有りますが主に起きるのは中芯160g以上を抜く抜型に多いです。当然強化中芯が使われると更に倒れ易いです。

 ・中芯による段横流れで刃を倒します。良く見られる箇所はB式などの第4面側の刃で常に製品第3罫線方向に強く引っ張られて刃のブリッジ部分や刃継目で起きます。したがって刃継目は絶対に持ってこないようにしますがステ刃が有る場合別です。(次に表示) 糊しろの刃部分は罫線が近い事で中芯は余り横流れを起こさない様です。

 対応策は3角コルクや硬質のキャタピラを製品側に貼る事、刃を厚くする事です。

 ・中芯ヒゲの目詰まりに拠る刃の倒れ。・・・段目に沿った刃に交差する刃との間にヒゲが詰まります。細いヒゲからだんだん刃が押され倒れて隙間が開く事で更に巾の広いヒゲが入り込みます。良くゴムスポンジとの間にヒゲや裏ライナー割れがベニヤを押し潰す位の目詰まりも良く見ます。ゴムスポンジと刃の隙間に入り込むのは間が開いているからと言われますが、基本的には先に述べた刃が段流れに拠る刃の引き込みからの出発点だと私」は考えています。なぜならスポンジが詰まる箇所も第4面が多いからです。

 対策は先述と同じく3角コルクや硬質キャタピラを貼ったり、ステ刃が有る場合は製品の刃よりもステ刃を優先させる事が必要で矛盾しますがヒゲの嵌まり込みを防ぐには製品刃を分断する事も必要です。

 

◇抜圧不足

 打抜機の抜圧が打抜機により違います。やはりボブスト製打抜機は抜圧が高いです。

 又、打抜機により最大刃材長さなどがマニュアル表示されていますが罫線長さや打抜材料や製品バランス
により全然違いますので安易に刃材長さだけで判断すると非常に危険です。もちろんメイキングに拠るスポジゴムやコルクの使用量によっても全然違います。

◇製品配置のバランス悪さ

 左右上下のバランスの悪さなどが余分に打抜圧が掛かりますのでバランス刃を入れると良いです。

 ・悪い製品配置とバランス刃の例

 

◇打抜機の整備不良

   打抜機バランスの整備は定期的な調整は絶対必要ですがうまく使うと調整期間長さは飛躍的に向上します。
 打抜製品バランスに対してのバランス刃の配置は特に重要ですが異物(グリッパーバーや工具など)をプレス部分で挟んでしまうなどの事故は絶対に避けたい物です。

 まれですが打抜機の生産される中で「当り」も有るみたいで非常にバランス調整など長期間整備不要と言う打抜機も存在しています。