抜型のプリセットについて  15

回転プリセットスタンド斜視図.gif
上図のような、プリセットスタンドを利用すれば、セット替え時間を短縮できます。
チェース枠を二つ用意し、第一のチェース枠で運転をおこない、運転中に次に抜く予定の抜型を第二チェース枠にセットし、ムラ取り紙、溝切りテープ等の準備を行う。
この時に重要なことは、第一と第二のチェース枠のセンター位置を同位置にあわす様に、事前に機械調整をしておく。
置版との溝切り位置が合わなくなる。