リバース(逆罫)の使い方

 多分ボブストの打抜機に使われていた板紙の抜型とCAD面版ですが4点貼りの箱の45度逆折の所と共にフラップの所も逆罫が使われていました。
 表抜きですから45度罫も本来リバースだと精度が良くないと思うのですがトルクの関係から多分逆罫で仕上げているのだと思われます。その事が短いフラップの罫線もリバースで仕上げている事で曲がり易いとの説明をされた事からも考えられます。
 罫割れさせずに強く罫線を入れる事が出来るので有ればテストしてみる価値はあると思います。
 写真が小さくてスミマセン!