ドイツのエルセード COILMATE

 今回、初めてドイツの抜型関連機械メーカーのエルセードのラインナップをオープンハウスで見せて頂きました。
 レーザーマシン、ミーリング、ウォータージェット、ベンダー、のすべてのマシンが凄すぎます。
間違いなく一式導入すれば私でも明日からトップダイメーカーになれます。
 今後は抜型メーカーとして何をして行かないとダメかが見えた様な気がします。
 紙器段ボール箱業界での内製化の加速など相当進むことが見て取れます。ベンダーの最終形がこれだと言っても過言ではないと考えます。ニックやブローチングがすべて加工出来、今後はもう技術力の差が本当に無くなるのではと考えさせられます。

 日本発から始まった打抜刃物のベンダーがここまで進化して完成度が上がったのは世界市場を捕らえなければ有り得なかったのでは無いかと日本の抜型業界にいて残念な気にさえ思われます。
 今回の初のドイツ訪問での1番の収穫はドルッパでは無くエルセード訪問だった事に驚きを隠せません。もちろんエルセードだけではなく他の海外メーカーも追随する訳で、遅かれ早かれ普及が始まるので有れば多分私が考える淘汰がより一揆に加速するでしょう。半分では無く1/3位まで・・・
 真剣に考えなければ生き残りが大変になるのは目に見えた様なので私が考える抜型業界で何が出来るのかを同じく加速して行こうと思います。

前の記事

ドルッパ④