2.5mm厚ボールをパワーブレードで抜きました!

 2.5mm厚のチップボールとコートボールの合紙をパワーブレードで抜きました。
 通常に表抜をする場合、しのぎ刃や二段刃で抜くと表面の紙が刃にひっ掛かり持ち上がる状態になり、見栄えが悪くなります。
 又、両刃で抜くと抜圧がかかる上に、ベニヤから刃が抜け易くなります。又、スポンジの選定ミスにより刃の食らい込みにより吐き出しが出来なくなってしまいます。
 後は両刃では厚みによる表面コート紙部分のシワの発生につながります。
 パワーブレードの特殊なR刃先形成では、上記トラブルがまったく起こりません。
大変キレイな抜上がりに私自身もびっくりいたしました。もちろん客先からも大変に喜ばれました。
(パワーブレードは当社オリジナルの刃先形状で実用新案提出しています。)
20070914PB1.JPG
20070914PB2.JPG