トムソン刃物について  4

刃物は刃先形状、高さ、厚み、刃角、ボディ硬度、刃先硬度などが異なり、紙質や打抜ロット数などにより適宜選択する。
切刃は高さ23.6mmで厚み0.7・0.9・1.0・1.07mm
硬度は胴部が60度程度で刃先部は70度から80度
形状は両刃・片刃・2段刃などがある。
また、打抜工程において紙粉、エンゼルヘアーの発生は大きな問題であり、刃物の要因としては刃先角度、刃先硬度、刃先面粗さ、刃先潰れなどが考えられる。
その為、刃先面の鏡面加工や刃先端に0.02Rの丸みをつけることによって、耐久性を良くし刃先の
潰れを防ぎ、紙粉の発生を抑える刃物が開発されている。


刃物形状図2.gif

前の記事

TEST

次の記事

罫線の選定について 5