10月開催のセミナーの御案内②

☆紙粉・ヒゲ対策用抜型
刃・・・刃先形成斜面をなだらかなR形状にする事で刃角が鈍角であってもスムーズに段ボールへの入出が行われ、且つ抵抗が少なくすむ為に抜き圧の低減に効果が有る。(実用新案登録済)
ハイカット仕様・・・抜型の裏側に鋼板と厚手フィルムを貼る事で刃物に対しての余分な抜き圧をフィルムで低減させる。この事により圧倒的に刃先への負担をなくす事で劣化を抑え紙粉の発生を防ぐ。(実用新案登録済)
ヒゲ対策用吐き出し材・・・刃で切断する為に段が潰れる過程で中芯ウェーブを屑側に倒れる様にコントロールする事でヒゲの発生を屑側に起こさせ、製品側へのヒゲの付着を抑える。(実用新案提出済)
☆簡易保存置版・・・段ボールの溝切テープでの面切作業に対して、カッティングプレートを使う事無く、1面の製品分をシート状ベースに溝切テープを配置して打抜機別、新版・旧版に対応した色々なセット方法で何回でも使える簡易保存できる置版システム。(実用新案出願済)
これらの事は打抜き生産現場に求められ続け、どこも対応したことの無い今迄には無い新しい技術と当社は自負しております。
どうぞ新しい技術の試みをセミナーで実感して頂く為に早めの参加希望を御申出下さい。
参加希望は右記メールで・・・・asaik@makeabox.co.jp