ダンボール、紙器、抜型の問題解決!メイク・ア・ボックス ダイレンジャーNEWS > ②当社の開発商品 > 1、フイルム面版

フィルム面板????=^-^;;;=

2011年12月12日

 明日は朝からフィルム面板の立ち合いデス!!

 昨年にカートンボックスに紹介されて冷汗カキましたが・・・・=^_^;;;=

 小さいロールに巻き付けるにはカウンタープレートでは無理で張ったり剥がしたりの機能は絶対に無理とテストで感じてますがフイルム面板だと・・・???

 他にも使用用途が頭ん中で広がりつつ有る!!!=^_^;;=

 乞うご期待!!! 

投稿者 メイク・ア・ボックス : フィルム面板????=^-^;;;=

ダンボール、紙器、抜型の問題解決!メイク・ア・ボックス ダイレンジャーNEWS > ②当社の開発商品 > 1、フイルム面版

M&Mにてフイルム面版の立会い

2008年10月21日

 

 DSC00346.JPG

 

 上記製品のフイルム面版の立会いです。始めの3枚位はすべて穴カスも落ち大変に喜ばれたのですが・・・・

 いざフイルム面版もセットして打抜きだすとカッティングプレート上に落ちた穴カスがスクレバーですべて履き出せない状況で製品表面にカスの跡が付きダメ。

 当社はオンメン無しに穴カスを除去するぎ技術に特化して場合に拠ればプレス部分で穴カスを分離する事も出来る訳ですがプレス部分の穴カスが掃き出されなければ、罫線のトラブルと成ります。しかしスクレバーで掃き出せない穴カスはスクレバーの歪みや反り返りに拠るもので、打抜機最上部でスクレバーの真ん中を引っ張り上げる事で結構穴カスの掃き出しがうまくいきます。

 それでも穴カスがカッティングプレート上に残る場合は大概に同じ穴カスが残りますので穴カスの刃に小さいニックを入れる事で穴カスでの罫線トラブルが回避出来ます。

 しかし今回のすべての罫線に対しての面切を施した場合は穴カスが多いとカッティングプレートに残る穴カスも多い為にニックの対処がうまく出来ません。なぜなら不必要にニックを入れた場合、穴カスが落ちにくくなりバイブレーションでのカストリ部で100%落ちない穴カスが出てくることです。

 今回の商品は全面面切を前提としたフイルム面版で其の事でのトラブルが多い為にフイルム面版の検収はしない事となりました。しかし経験する事での知識が商品完成度を上げる事に繋がるので私自信は「良し!」と考える訳ですが御客様の理解は必要です。

  

投稿者 浅井和明 : M&Mにてフイルム面版の立会い

ダンボール、紙器、抜型の問題解決!メイク・ア・ボックス ダイレンジャーNEWS > ②当社の開発商品 > 1、フイルム面版

■フィルム面板製作マニュアル③仕上げ編

2007年11月27日

 樹脂板に貼ったままに外形をカッターで切り落とします。


又、切り込みや穴の周りを大きめに取り除きます。取らないと紙粉の入り込みが原因の排紙不良やバラケ、又はフイルム面板の剥がれるなどのトラブルのが起こります。

スタンダード品の位置あわせ穴は0.05mmカバーフイルムの穴が開いていませんので0.1mm粘着フイルム側から20パイの丸刃の先を入れ込み回転させる事で簡単に切ることが出来ます。

最後にシリコーンスプレーを含ませた布で全体を拭き出来上がりです。これは使用時のダンプロンテープがしっかりと粘着してしまうと剥がすのが大変だからです。

投稿者 浅井和明 : ■フィルム面板製作マニュアル③仕上げ編

ダンボール、紙器、抜型の問題解決!メイク・ア・ボックス ダイレンジャーNEWS > ②当社の開発商品 > 1、フイルム面版

■フィルム面板製作マニュアル②溝成形テープ装着編

 フイルム面板はダンボール裏抜用に開発した商品です。フイルム粘着自体が何回もの装着が出来る事を目的にしている為に粘着剤自体が貼って剥がせての機能を持たしている為に溝形成テープの両端をギリギリの長さにすると製品に引っかかりまくれる恐れが有ります。3mm位両端を短く仕上げて切口厚みをグラインダーで斜めに削ります。

フイルムを剥離紙に戻した方が線が見やすく作業性が宜しいです。フイルム上の溝のの線に合わせえ貼り込みます。

カバーフイルム(スタンダード)やダンプロンテープ(強化仕様)の貼る作業は樹脂板などに貼り変えて作業をします。
height="264" alt="" />

スタンダード用は0.05mmのカバーフイルムを端の方から順番に全体を覆います。巾が限られていますので多きい物は重ならない様に並べて貼ります。

強化仕様はダンプロン25m巾を溝部分に2mm位を目安に掛かる様にして、両端には20~30mm長めに各左右に1本づつ貼ります。

スタンダード用は全体を覆う為に溝部分のセンターをカッターでカバーフイルム0.05mmだけを切り込みます。

溝部分の浮いたカバーフイルムやダンプロンを爪先で撫で溝に馴染ませます。


 

投稿者 浅井和明 : ■フィルム面板製作マニュアル②溝成形テープ装着編

ダンボール、紙器、抜型の問題解決!メイク・ア・ボックス ダイレンジャーNEWS > ②当社の開発商品 > 1、フイルム面版

■フィルム面板製作マニュアル①ベース粘着フイルム編

2007年11月23日

フイルム面板の製作にはCADシステムとプロッターが必要です。もちろん抜型にも位置決め冶具を施さないといけません。抜型のレーザーカットの穴もフイルムに空ける穴も20.3mmの共通の穴の大きさで宜しいです。レーザーのカット巾は0.7mm以下が宜しいでしょう。冶具には回転止めが施して有りますが瞬間接着剤での固定をお勧めします。
まず抜型作成用のデーターに位置決め冶具の穴を3ヶ所から4か所を施します。

 フィルム面板は特殊粘着を施したフイルムの粘着面の無い方にテープで溝などを施します。
よってCAD面板と同じく抜型の裏面図形により作業をいたします。


 溝巾は溝形成テープの厚みは0.7mmを使用しますので0.9mm罫線で2.6mmから3mm位、1.4mm罫線で4mm前後で設定すればよろしいかと思います。

フイルムに描画する時剥離紙のままでテーブルで吸引してするとタワミがでて正確に描画できないので必ず樹脂板などの上に剥離紙から剥がしたフイルムを粘着面で貼りこんだ後にベース樹脂板を吸引して下さい。当社では軽くて扱い易いのでプラ段をベースに使っています。
写真では確認出来ずらいですが20.3mmの穴は切り取りますのでプロッターでのカットはひつようです。

 フィルム厚みは2種類のフイルムが用意されています。
 カートンマスターやアローカット、ボブストなどグリッパーバーで段ボールを引っ張るタイプ、又はビクや手差しプレスなどでは0.1mmのフイルムを使います
 このタイプは粘着フイルム上に各種テープを施した後に全体に0.05mmのカバーフイルムを施します。
 この事でフイルムの合計は0,15になりますが、この厚みは一般的な溝切テープのベース部分の厚みです。
 もう一方の厚みは0.188mmで現在は透明なフイルムです。このフイルムはユニプラテンやM&Mオートプレスなどで面板上にバーが直接触れて給排紙をする打抜機です。透明フイルムはプロッターでのボールペンでの描画の適性が無いので0.1mmフイルムと同じ白いものを次回ロット粘着加工分から製造予定です。
 この0.188フイルムの場合は表面強度の関係から0.05mmカバーフイルムでは耐久性に問題が有り0.1mm厚で50mm巾のダンプロンテープを溝形成部などに上から貼っていきます。この事で0.288厚のフイルムになるので抜型の罫線の高さを0.2mm低くした方が良いと考えています。

 
 

投稿者 浅井和明 : ■フィルム面板製作マニュアル①ベース粘着フイルム編

ダンボール、紙器、抜型の問題解決!メイク・ア・ボックス ダイレンジャーNEWS > ②当社の開発商品 > 1、フイルム面版

板紙・段ボール新聞で当社フイルム面板が紹介されました。

2007年10月15日

 遅くなりましたが9月27日付けの板紙・段ボール新聞に当社開発のフイルム面板が紹介されました。

投稿者 浅井和明 : 板紙・段ボール新聞で当社フイルム面板が紹介されました。

ダンボール、紙器、抜型の問題解決!メイク・ア・ボックス ダイレンジャーNEWS > ②当社の開発商品 > 1、フイルム面版

B/FでCAD面板とフイルム面板のテスト

2007年9月21日

 E/F合紙に続きB/Fでテストをしました。
本当は合紙でやりたかったのですが、とりあえずC5×C5でのテストとしました。

上がフイルム面板で下がCAD面板です。
表面です。


上がフイルム面板で下がCAD面板です。
裏面です。

予想した通りCAD面板は罫線以外はすべてO.8mmの厚みによって押し込まれる罫線で裏ライナーが引っ張られて段割れを起こし易くなります。
 この事は罫線が多くなればE/Fでも起こりうる事だと思います。

投稿者 浅井和明 : B/FでCAD面板とフイルム面板のテスト

ダンボール、紙器、抜型の問題解決!メイク・ア・ボックス ダイレンジャーNEWS > ②当社の開発商品 > 1、フイルム面版

E/F合紙でフイルム面板とCAD面板の表抜きテスト②

2007年9月20日


上がフイルム面板、下がCAD面板です。


上がフイルム面板、下がCAD面板です。

 感想はCAD面板が0.8mmでフイルム面板は0.7mmの厚みでしたのでトルクはCAD面板の方が低かったです。 私が考えていたより段厚みに関しての影響はまったく有りませんでした。


投稿者 浅井和明 : E/F合紙でフイルム面板とCAD面板の表抜きテスト②

ダンボール、紙器、抜型の問題解決!メイク・ア・ボックス ダイレンジャーNEWS > ②当社の開発商品 > 1、フイルム面版

E/F合紙でフイルム面板とCAD面板の表抜きテスト

 E/F合紙でのCAD面板とフイルム面板の比較テストをしてみました。 まずセット方法で気が付いたのは大きいCAD面板のセットは大変だと言う事でした。 今回はGテープのガイドを使ったのですが垂れ下がる為に沢山のガイドを使わなくてはいけませんでした。ピンでの位置決めでした方がらくかも知れませんが基本的には当社のフイルム面板の位置決め冶具(実用新案)を使った方が遥かに楽だと思います。 20070920menban.jpg 携帯での写真であまりキレイでは有りませんが、上記の様に左右で1面ずつのセットで執り行いました。  

投稿者 浅井和明 : E/F合紙でフイルム面板とCAD面板の表抜きテスト

ダンボール、紙器、抜型の問題解決!メイク・ア・ボックス ダイレンジャーNEWS > ②当社の開発商品 > 1、フイルム面版

E段合紙でのフイルム面板使用表抜きテスト

2007年9月14日

  今回フイルム面板での印刷紙器での表抜きテストを実地しました。
結果は良好で今後の販売戦略の方向もみえてきました。
今回のテストでは客先から厚み0.8mmの溝巾3mmの仕様でとの指摘があつたのですが、フイルム面板用テープの厚みが0.7mmなので溝巾を2.8mmとしました。ただ抜いた商品の感じですと2,5mm位でも全然ОKだと思われます。
 今後、CAD面板との比較試験を実施していこうと考えてます。
20090913S01.JPG
20090913S02.JPG
転写後のフイルム面板です。

20090913S03.JPG
裏抜きした時の表コートボール面の罫線部分です。

20090913S04.JPG
表抜時の裏段部分の罫線部分です。

20090913S05.JPG
表抜時の表コート紙部分の罫線部分です。

今後はCAD面板の普及地域での販路拡大戦略を考えていこうと思います。


投稿者 浅井和明 : E段合紙でのフイルム面板使用表抜きテスト

ダンボール、紙器、抜型の問題解決!メイク・ア・ボックス ダイレンジャーNEWS > ②当社の開発商品 > 1、フイルム面版

フイルム面板ノーマル仕様最終形です。

2007年8月 2日

 いろいろなご要望での最終形となりました。
フィルムのセット穴の補強をドーナツ状のフイルムを更に貼り付ける事でいたしました。
セット冶具の数を増やす事で位置決め精度を上げる事としました。

投稿者 浅井和明 : フイルム面板ノーマル仕様最終形です。

ダンボール、紙器、抜型の問題解決!メイク・ア・ボックス ダイレンジャーNEWS > ②当社の開発商品 > 1、フイルム面版

ユニプラテン用フイルム面版2丁付き用

2007年6月26日

 新しいフイルムの糊引き材が入荷いたしました。今回の糊引きフイルムは当社で加工するには大変にムラの問題や手間がかかる事から加工業者にお願いいたしました。

 ユニプラテンはカッティングプレート上に2本ないしは4本のウレタンが前後する為に非常に劣化が早く問題になったので最終の状態をウレタン通過部分を薄スチールテープを貼る事で対処しています。

 この写真の製品は毎週2千枚づつの使用頻度で何処まで耐久性があるかを見極めていきます。
今回はこれでフイルム面板の作成は4回めとなり、毎回耐久性をあげながらのテストをさせて頂いています。目標は毎月4回の使用で五ヶ月分の20回使用で4万ショットの打抜きを目指しています。このリピート時の糊耐久性とフイルム面板上面劣化の状態をひと月づつ検証してブログにアップしていきます。
20070622FM1.JPG
20070622FM2.JPG

投稿者 浅井和明 : ユニプラテン用フイルム面版2丁付き用

ダンボール、紙器、抜型の問題解決!メイク・ア・ボックス ダイレンジャーNEWS > ②当社の開発商品 > 1、フイルム面版

リユース機能付きCAD面板の開発(実用新案)

2007年6月14日

 当社開発のフイルム面板の貼ったり剥がしたりの機能をCAD面板にも持たせました。(実用新案)

通常のCAD面板はPET樹脂もベイク板でも剥がして再セットの機能を持たせてはいません。
 当社顧客でもCAD面板を剥がしてリピート時に再セットして使っていただいている現場が有りますが、剥がすのに大変に手間をかけています。ベイク板で有れば割れるトラブルも有ります。
 この事はフイルム面板の開発経緯として置き版としてステンレス板のコストの問題であります。

 当社では現在フイルム面板での貼ったり剥がしたりの機能をCAD面板にも持たせた製品を製作しています。
 たとえベイク板であっても割れずに簡単に剥がせて、時間がたっても粘着力を落とす事なく再セットに利用出来るCAD面板です。

 フイルム面板は段ボール用としてCAD面板は紙器用として今後はパッケージ業界に広めて行こうと考えています。

 

投稿者 浅井和明 : リユース機能付きCAD面板の開発(実用新案)

ダンボール、紙器、抜型の問題解決!メイク・ア・ボックス ダイレンジャーNEWS > ②当社の開発商品 > 1、フイルム面版

フイルム面板の最新セット方法

2007年6月12日

 フイルム面板の最新セット方法情報です。
以前と比べてフイルム裏の粘着力の強化をいたしました。
この事は紙粉混入に際してのフイルム面板の通紙方向のテープ止めが手間がかかるという事でテープ貼りを無くす方向で考えた為です。
 この事により粘着を剥がす為に裂けの注意が必要となりましたが・・・
しかし現在糊の成分と塗布方法を変える事できっちり貼れて尚且つ簡単に剥がせる物に改良して、量産中です。

 ではセット方法の説明をいたします。
 カートンマスターでのフィルム面版の使用テスト模様です。
 まずフイルム面板を長く使う為にカッティングプレート上の小さな埃や粘着材カスなどを完全にウエスやヘラで除去して下さい。
 抜型のセット用リングに丸スポンジをセットしたピンをリングにセットして丸スポンジの両面テープをはずします。
FM1.JPG

カッティングプレートに転写するする為に一度プレスしていただきます。
転写された丸スポンジの厚みは3mmしか有りませんから面盤の引き出し時にチェーンカバーに触れたりする事は有りません。
FM2.JPG

 又仕切りの有る物や多面付けでも対応可能です。
FM3.JPG

 カッティングプレートの転写した丸スポンジにフィルム面板の穴を差し込んで位置合わせを行います。
この時に抜型の方向との確認を怠りプレスしてしまうとフイルム面板が破損いたしますので、充分に注意をして下さい。
FM4.JPG
FM5.JPG

 よく綺麗なウエス等でフイルム面板の上から撫でてしっかりとフイルム面板裏の粘着部分をカッティングプレートに固定させて下さい。
上部からも薄いフィルムでサンドイッチしている為、小さな溝切テープが外れたりする事故もまったく有りません。又、逆罫やWクリーズ、パーフェクトクリーズ等の平行使用も難無く出来ます。
FM6.JPG
これでセットが完了しました。
時間にして三分位の作業です。
大きな抜型にも対応出来、場合によれば二分割でも可能で多面付けでも対応出来ます。
FM7.JPG
(注)フィルム面版はセット方法と共に権利出願させて頂いています。

私達はこの技術がダンボールの面切しての打抜き方法を根底から変える技術だと自負しています。
新しく抜型を作らず旧版でもデーターが有れば簡単に使用する事が出来ます。
ステンレス面版を使うににしてもリユースが1枚のフィルムを剥がすだけで済みますし圧倒時にセット時間がかかりません。
又、フィルムを剥がすにも弱粘着なので簡単に剥がせ、保存用台紙に貼り込んでリピート時に備える事
で高価なステンレス面版を使う事無く置き版が出来ます。
粘着が弱くなれば簡単に粘着スプレーで強くする事も簡単に出来ます。

投稿者 浅井和明 : フイルム面板の最新セット方法

ダンボール、紙器、抜型の問題解決!メイク・ア・ボックス ダイレンジャーNEWS > ②当社の開発商品 > 1、フイルム面版

フイルム面板用新セット冶具の使用方法

 フイルム面板のセット冶具はベニヤに埋め込む為のリング部分とセット時にリングに連結するピン部分と転写用の3mmの丸スポンジから構成されます。
%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88%E5%86%B6%E5%85%B71.JPG

打抜き時にピンをリングに押し込み左に回す事で固定出来ます。又、3mmの丸スポンジをピン上部にはめ込みます。
%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88%E5%86%B6%E5%85%B72.JPG
%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88%E5%86%B6%E5%85%B73.JPG

この状態で打抜機に抜型をセットする前に3mmスポンジの剥離紙を剥がします。
%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88%E5%86%B6%E5%85%B74.JPG
この状態で3mmの丸スポンジを打抜機のカッティングプレートに転写した後に抜型を引き出しセット用ピンを右に回し引き抜くとベニヤの埋め込みリングのみとなり打抜き可能な抜型状態となります。


投稿者 浅井和明 : フイルム面板用新セット冶具の使用方法

ダンボール、紙器、抜型の問題解決!メイク・ア・ボックス ダイレンジャーNEWS > ②当社の開発商品 > 1、フイルム面版

強化中芯の第二第四罫線の底部分の表面ライナーの割れ

2007年5月28日

 本日の立会いは富山で両面K6の強化中芯180GのA/Fのワンタッチの第二第四罫線の底の角部分に発生する表ライナー部分の割れ防止でした。

 今までもパーフェクトクリーズでの対応で解決している問題でしたので難無く対応出来ましたが始めてのフイルム面板での対応となりました。
20070528FM1.JPG

 第二第四罫線と四面底罫線に対してパーフェククリーズで対応して底斜め罫線はWクリーズで対応いたしました。
20070528FM2.JPG

 結果は良好でユニプラテンでのカストリもきっちりと出来て、ユーザーさんからは他の商品の対応を求められました。
20070528FM3.JPG
20070528FM4.JPG

投稿者 浅井和明 : 強化中芯の第二第四罫線の底部分の表面ライナーの割れ

ダンボール、紙器、抜型の問題解決!メイク・ア・ボックス ダイレンジャーNEWS > ②当社の開発商品 > 1、フイルム面版

ユニプラテンで完全落丁

2007年4月24日

 ユニプラテンで花ケースの完全落丁です。フイルム面版での全面面切しての落丁です。
もちろんゴム穴の小さい丸穴は落ちませんが組み立て穴は、ほぼ残る事無く落丁できました。
ユニプラテンでのフイルム面版テストで御世話になってる抜き現場で社長さんからいろいろな事を要望され大変に困りながらも商品開発のきっかけとなり、又積極的に新しい商品に取り組んでいただける有り難いお客様の1社です。
 いろいろな要望を聞きながら商品の完成度を高めるには大変にやりがいと根気を私に与えていただけます。ありがたい事です。
20070414keiyo.JPG

投稿者 浅井和明 : ユニプラテンで完全落丁

ダンボール、紙器、抜型の問題解決!メイク・ア・ボックス ダイレンジャーNEWS > ②当社の開発商品 > 1、フイルム面版

フイルム面版、完全完成!

2007年4月20日

 フイルム面版(実用新案申請済)がすべての打抜機に対応可能となりました。
テープ補強止めの必要もまったく無くなり大変使いやすい製品となりました。ただ仕様だけは基本仕様のグリッパーバーで引っ張るタイプと上田紙工機製ユニプラテン仕様とその他の後ろから押し出しタイプの仕様との三種類となりました各々の特徴は下記の通りです。

◇フイルム面版基本タイプ◇
 厚み0.1mmのフイルムに抜型の罫線部分に対応する為の溝形成テープが配置され上から0.05mmのフイルムが全体に覆われ、圧着されています。この為にに今までのCAD面版では段潰れからダンボールに使用する事が出来ませんでしたが、合計0.15mmのフイルムでの対応の為に段潰れがまったく無く、短い溝形成部分のテープも外れる心配も無くなりました。
 又、面盤に転写後の溝切テープを使用した場合に溝切テープのガイドが面盤引き出し時にチェーンカバーに引っかかり中で脱落する事が一部の打抜機では起こります。
 フイルム面版の使用時の面盤に転写する為の丸スポンジは厚み3mmなので、どの打抜機でもチェーンカバーに引っかかる事は有りません。フイルム面版の貼り込み時に面盤上の清掃を徹底する事で、簡単に剥がして次回のリピート時迄粘着力を落とす事無く保管出来ます。
 フイルム厚の0.15mmは現状の溝切テープに使われているベースフイルムと同じ厚みになりますので罫線の高さも既存の考え方で十分対応出来ます。

◇フイルム面版強化タイプ◇
 三川鉄工製プラトンや日研そのグリッパーバーでの給紙以外のタイプの後ろから強制排紙するタイプの打抜機の面盤はたえずダンボールや排紙の為の装置が前後に駆動する為に、大変過酷な条件が揃っています。その為にフイルム面版の強化タイプを作りました。
 このタイプのベースフイルムは0.18mmの厚みが有り溝形成部分の上に覆われるフイルムも0.08mmとしました。この事で大ロットの打抜きにもフイルム破損をせずに抜く事が出来ます。ただダンボール構成材質によっては罫線部分が強く当り罫線の高さを低くする対応を考えなければならない事も有ります。

◇フイルム面版ユニプラテンタイプ◇
 上田紙工機製ユニプラテンでのウレタンバーでの対応が一番過酷な条件となる為にウレタンバーの通過上を0.03mmのステンテープにて対応いたしました。この事でフイルム劣化はまったく見られずに対応する事が出来ます。

 以上の3タイプとなります。高価で重いステンレス面盤を使う事無く保存面版を使う事の出来るフイルム面版は3分のセット時間とステンレス面版の落下など打抜き作業現場での事故に繋がる労務と紙粉でのトラブルを解消してしまう次世代の打抜き技術と自負しております。
 
 

投稿者 浅井和明 : フイルム面版、完全完成!

ダンボール、紙器、抜型の問題解決!メイク・ア・ボックス ダイレンジャーNEWS > ②当社の開発商品 > 1、フイルム面版

超!簡単フイルム面版ユニプラテン仕様

2007年4月 3日

 昨日に富山でユニプラテンでのフイルム面版のテストを行ないました。ユニプラテンでのウレタンバーに拠るフイルムの劣化テストでした。現在の考え方でのフイルムでは何回も前後するウレタンバーに拠りシワを発生させ其の為に溝切テープを飛ばしてしまう事故がありました。
 又、プラトンでのスクレバーに拠る耐久性の問題も今回のテストでクリアーさせる事が出来そうです。
が、ベースフイルムを厚くさせる事での罫線圧が強くなり裏のフイルムを外さなければなりませんでした。しかし其の分、ユニプラテンでの対応はフイルムを抜型裏に貼っている分対処が楽に出来ます。
 たかだか第二第四罫線2本のアメ底の二面付けですが「超!簡単」とのオペレーターさんの感想でした。
20070304FM1.JPG
2千枚通しの結果は手前フイルムの品名表示のマジックが擦れる程度でした。
一週間に一回のサイクルで抜かれるそうでランニングテストがセット回数と通し枚数で出来そうです。

投稿者 浅井和明 : 超!簡単フイルム面版ユニプラテン仕様

ダンボール、紙器、抜型の問題解決!メイク・ア・ボックス ダイレンジャーNEWS > ②当社の開発商品 > 1、フイルム面版

フイルム面版の位置決め新版用冶具サンプル完成

2007年3月16日

 新版用位置決め冶具のサンプルが上がってきました。
 目的は3mmの丸スポンジでの対応とベニヤ上からの突起を無くす事でした。突起を取り外す為には抜型の引き出しが+作業として発生いたしましたが、出来るだけ簡単に取り外せる様にいたしました。
 この事は大型の商品に対応する為に位置決め丸スポンジだけを転写する事(実用新案)を考えれば仕方が無い事か?ゆくゆくは改良の余地有り
 抜型内のホルダーをハンマーで所定位置に打ち込む事で抜型にはホルダー用の穴を開けなければなりません。後は転写時に丸スポンジ受けを入れ捻るだけで固定出来ます。丸スポンジ受けに丸スポンジを入れ剥離紙を剥がして転写です。
 今月中には量産品が上がってきます。来月から新位置決め冶具が使える様になります。
JIGU3.JPG
JIGU4.JPG
JIGU5.JPG


 

投稿者 浅井和明 : フイルム面版の位置決め新版用冶具サンプル完成

ダンボール、紙器、抜型の問題解決!メイク・ア・ボックス ダイレンジャーNEWS > ②当社の開発商品 > 1、フイルム面版

フイルム面版の既存抜型対応の位置決め

 フイルム面版の既存抜型への対応冶具です。

 薄板を抜加工した台紙を罫線コーナーに合わせて貼り付ける事で罫線からの固定位置で位置決め用シール付き丸スポンジを固定してカッティングプレートに転写します。

 フイルム面版にも同じ処に穴が開くように作れば位置決めが簡単に出来ます。がこの場合16ベニヤではスポンジ高さが最低8mm必要で、18ベニヤだと6mmの高さを必要とします。
カートンマスターなどでのカッティングプレート上の突起が4mm以下でないと引っかかり使えません。
 其の為に台紙を2枚重ねてスポンジも3mmで転写が出来る様にかさ上げしなくてはなりません。又、スポンジが5mm以上ある事で厚み部分が斜めに切れる事も確認出来ています。
 この事が位置精度を悪くさせる原因となりますから、出来れば開発位置決め冶具での新版で対応をお勧めします。
JIGU1.JPG
JIGU2.JPG

 

投稿者 浅井和明 : フイルム面版の既存抜型対応の位置決め

ダンボール、紙器、抜型の問題解決!メイク・ア・ボックス ダイレンジャーNEWS > ②当社の開発商品 > 1、フイルム面版

フイルム面版に名称変更します。

2007年3月 3日

 Mクリーザーの名称をフイルム面版に変更いたします。
今迄に無い技術の為に名前で連想し易いものが良いとの判断で、商標も登録申請手続きをしています。
 現在は当社ユーザー様に向けてテストランを重ねています。打抜機別に問題点を潰し、より多くの打抜き生産現場に使われる様に技術の向上を目指して行きたいと取り組んでいます。

 罫線の仕上がりは上々で、より緻密な溝巾設定をする事で額縁2本罫線の強弱や自動製函機の折り曲がり強弱に溝切テープ種類の在庫を持たずに対応が出来たり、抜きオペレーターの技術を補う事の出来る商品に仕上がりそうです。
 又、打抜機の外での抜型への溝切テープ装着しての前段取りにしても、本来打抜き生産現場社員はもっと生産性の高い仕事をするべきだと私は考えています。其の為の時間を有効に使う手段としてのフイルム面版はCAD面版と同等に普及をさせる商品だと自信を深めています。
 今後は1mmのステンレス製置版に対応出来る物や打抜機の種類に対して汎用性の高いセット冶具を製品化に急いでいます。

 私達はフイルム面版の価値と可能性をより高めて、打抜き生産現場に貢献して行きたいと思います。現在は口伝えで問い合わせも来ていますが、もうしばらくお待ち下さい。

 

投稿者 浅井和明 : フイルム面版に名称変更します。

ダンボール、紙器、抜型の問題解決!メイク・ア・ボックス ダイレンジャーNEWS > ②当社の開発商品 > 1、フイルム面版

フィルム面版のセット方法

2007年2月20日

 カートンマスターでのフィルム面版の使用テスト模様です。
抜型の所定位置に位置決めスポンジをセットして両面テープをはずします。
FM1.JPG

面盤に転写する様に一度プレスします。
FM2.JPG

フィルム面版の方にも抜型のスポンジ位置に穴が開いています。
又仕切りの有る物や多面付けでも対応可能です。
FM3.JPG

面版の転写スポンジにフィルムの穴を差し込んで位置合わせを行います。
FM4.JPG
FM5.JPG

転写スポンジを剥がしてフィルム面版の裏面の弱粘着部分をしっかりと手でなでて固定し、通紙方向に引っかかる部分をテープで補強する。
上部からも薄いフィルムでサンドイッチしている為、小さな溝切テープが外れたりする事故もまったく有りません。又、逆罫やWクリーズ、パーフェクトクリーズ等の平行使用も難無く出来ます。
FM6.JPG
これでセットが完了しました。
時間にして三分位の作業です。
大きな抜型にも対応出来、場合によれば二分割でも可能で多面付けでも対応出来ます。
FM7.JPG
(注)フィルム面版はセット方法と共に権利出願させて頂いています。

私達はこの技術がダンボールの面切しての打抜き方法を根底から変える技術だと自負しています。
新しく抜型を作らず旧版でもデーターが有れば簡単に使用する事が出来ます。
ステンレス面版を使うににしてもリユースが1枚のフィルムを剥がすだけで済みますし圧倒時にセット時間がかかりません。
又、フィルムを剥がすにも弱粘着なので簡単に剥がせ、保存用台紙に貼り込んでリピート時に備える事
で高価なステンレス面版を使う事無く置き版が出来ます。
粘着が弱くなれば簡単に粘着スプレーで強くする事も簡単に出来ます。現在、関東と東海と北陸と関西でテストを開始して、セットの簡単さに現場では驚愕の声を頂いています。

投稿者 浅井和明 : フィルム面版のセット方法

ダンボール、紙器、抜型の問題解決!メイク・ア・ボックス ダイレンジャーNEWS > ②当社の開発商品 > 1、フイルム面版

ブログ再開!&お詫び&フィルム面版完成

2007年2月18日

 1月中にフイルム面版の開発仕上げに忙しく、又ブログで書けない事も多くて思い切ってひと月お休みを頂きました。が・・・二月に入りサーバーの引越しトラブルにより書き込みが出来なくなりました。
 又、ホームページも立ち上がらない時期も多少出来まして大変にご迷惑をおかけしました。

 しかし、フィルム面版のエムクリーザーは試験立会いを繰り返すうちにダンボール業界の打抜き作業の革命になると確信いたしました。ダンボールの全面面切作業が三分もかからずセット出来ます。

 通常にワンタッチの一丁付の抜型に全面に溝きりテープを装着・転写・後処理にかかる時間は30分位かかります。実質の機械停止時間は15分位かも知れませんが、外段取りの溝切テープのカット装着にかかる人件費と溝切テープの在庫コストなどを考えれば、私達の提供するフィルム面版は素人の方でも簡単に装着出来て、且つ高価なステンレス面版を使う事無く保存面版として使える事は夢のツールと成るでしょう。
 
 紙器の業界では最近CAD面版が大変普及してきました。それを象徴するのが面版作成機が続々と抜型業者や紙器業者に導入されています。普及始めは小箱主体で使われたこの技術は手軽さと素材の低価格化で大きな箱でも使われる様になってきました。これだけの普及は私も予想は出来ませんでした。しかしCAD面版でのダンボール加工では段を潰してしまいます。
 
 近年、大手段メーカーでの製造のダンボール製品が全面面切してあったり、自動製函やサックマシンの普及などで大変面切作業が増えています。私達が打抜き立会いでも慣れないオペレーターが非常に時間をかけ対処していました。
 又、必要以上に何種類もの溝切テープの在庫を抱え、しかも使い捨てにしかならず、大変にコスト高につながっている事を感じました。

 フィルム面版はこの事を解決する為のツールとして業界に定着する様に私達メイク・ア・ボックスは今後提案していこうと思います。


投稿者 浅井和明 : ブログ再開!&お詫び&フィルム面版完成

ダンボール、紙器、抜型の問題解決!メイク・ア・ボックス ダイレンジャーNEWS > ②当社の開発商品 > 1、フイルム面版

当社オリジナル新技術テスト(ハイカット・パーフェクトC・新刃)

2006年11月 8日

 MCB(日本化工機材製2A/F)での新形状刃材パワーブレード・ハイカット仕様・パーフェクトクリーズのトリプルテストとなりました。
PCTA1.JPG

 新形状刃材パワーブレード(実用新案)の切口は非常にきれいで紙粉対策も上々の結果を残しました。過去にPLブレードでの刃持ちが悪かったのでロットテストがたのしみです。
PCTA8.JPG
 又、パーフェクトクリーズ(実用新案)の罫線は本来中芯原紙の表面割れに対して完璧の仕上がりを見せてくれました。
PCTA5.JPG

 抜き上がり状態が非常にキレイで罫線も非常に良い状態で入っているのが写真でも御覧いただけると思われます。
PCTA3.JPG
PCTA4.JPG

 面版上のパーフェクトクリーズも非常に良い状態で罫線跡が残っています。
PCTA6.JPG

 ハイカット仕様(実用新案)の状態は残念ながら罫線が若干強く当りましたのでフィルムを罫線部分を外しました。
が、切口を見る限り非常に効果的に作用をしていると思われます。
 又、ムラ取りは一ヶ所もする事無く、抜いた製品も加圧による紙粉が無い状態でしたので、非常にうれしい結果と相成りました。
PCTA7.JPG

投稿者 浅井和明 : 当社オリジナル新技術テスト(ハイカット・パーフェクトC・新刃)

ダンボール、紙器、抜型の問題解決!メイク・ア・ボックス ダイレンジャーNEWS > ②当社の開発商品 > 1、フイルム面版

「パッケージフォーラム・北陸」11月11日(土)開催

2006年10月27日

 石川県紙器工業組合では北陸三県の紙器段ボール貼箱メーカーの交流を目指して11月11日の土曜日に石川県白山市のグランドホテル松任にて「パッケージフォーラム・北陸」(全日本紙器段ボール箱工業会後援)を下記の内容で開催いたします。

 「環境と紙器パッケージ」  全国紙器広報センター代表取締役 猪俣吉春氏・・・紙器業界のジャーナリトの第一人者でもある氏の観点から海外の例を上げながら、今後の日本の紙器業界の指針を放されます。

 「貼箱製造最新技術機械の紹介」  府中紙工グループ・・・貼箱の貼紙のタック加工をする事で今迄の貼箱の概念を変える製造方法での提案

 「段ボール打抜き加工における生産性の向上と技術紹介」 ㈱メイク・ア・ボックス 浅井和明・・・罫線トラブルの解消と新しい置版システムの御提案。

以上です。
 私共メイク・ア・ボックスの新しい置版システムは「Mクリーザー」(実用新案出願済)はフィルム上での
置版をする事で高価で重い1mm面版を使う事なく、置版が出来るシステムです。
 使用抜きサンプルの展示などを通して、強化中芯用「パーフェクトクリーズ」やWクリーズや逆罫などの曲げ状態を確認していただきます。又、罫線のトラブルに対しての対処方法や対策を判り易く説明いたします。御興味のある方は是非北陸三県以外の方でもお気軽に下記にメールください。
  asaik@makeabox.co.jp
%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%83%81%E3%83%A9%E3%82%B7.jpg

投稿者 浅井和明 : 「パッケージフォーラム・北陸」11月11日(土)開催

 
count