紙粉発生メカニズム防止!プレバランス効果

 現在当社プレバランスを使ったテスト中の富士包装紙器様とトーイン様からうれしい報告が有りました。

プレスバランスシートを使った打抜は圧倒的に紙粉が少ないと言う報告と抜型の刃の寿命が延びるとの報告を受けています。

検証した結果通常の打ち抜は・・・・10%から20%から30%から40%から50%でムラ取りを始めても初めの10%の刃物は50%切れる所まで抜圧を上げる事は刃先潰れが起きないと50%切れません。

拠って強く当たるエリヤの刃は全て初期に刃先を潰して作業をしているという事でした。

現在!DNP様レンゴー様がこの事の理解の元で導入に向けてテストが始まります。

フェイスブックページのカウンタープレートジャパンもご覧ください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.makeabox.co.jp/blog/mt-tb.cgi/399

コメントする

ユニークな商品開発、メイク・ア・ボックスで試作中
メイク・ア・ボックスで試作中

当社社員もいろんな取り組みをしています。
ダンボールや紙器の業界をもっと元気にしたい浅井和明の挑戦はダイレンジャーブログで書き綴ります!
浅井和明
株式会社メイク・ア・ボックスは【makeabox.co.jp】です。
株式会社カウンタープレートジャパンは【cp-j.net】です。

アーカイブ

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、浅井和明が2013年7月23日 00:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今後のプレバランスの販売について」です。

次のブログ記事は「〇打抜機のムラ取り作業←抜型のムラ取り作業」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

produced
抜型の問題解決!メイク・ア・ボックス
株式会社メイク・ア・ボックス

面切作業の技術革新!

面ピタ君とCAD面版ならcadmen.jp
面ピタ君とCAD面版ならcadmen.jp

count